« COCO子 その13 | メイン | 作品展のお知らせ#2 »

作品展のお知らせ

2017年06月20日

web%E3%81%8B%E3%82%82%E3%82%81%E8%A1%A8%EF%BC%93.jpg


いづみ「ププー!」
アジサカ「よーっす、いづみ!つうか、おれのことププって呼ぶなよな」
い「いいやん、ププはププやけん」
ア「しょうがねえなあ、で、なんの用なん?」
い「あのさ、私の店この夏で10周年なんよ」
ア「おーっ、そうなん、ようがんばったねー」
い「そいでさ、みんなにいろいろイヴェントやってもらうんよ」
ア「おー、いいねー」
い「ププもなんかやってよ」
ア「おお、わかったぜ」
い「やったー」

ということで、いづみの店「coffon」で個展をやることになりました。
10周年記念ということで、個展の方も過去を振り返るプチ回顧展です。
4年間のベルギー生活の後、帰国し長崎に住み始めた2006年から、今年までの12年間、それぞれの年の代表作を展示販売いたします。

個展は「coffon」の後は、過去に一度展示させてもらったことのある福岡屈指のカフェ&バー、薬院の「回」、そして去年も展示の佐世保の「RE PORT」へと巡回いたします。

個展のタイトル「鴎」は、上に掲げてあるチラシ用に描いた男の子を見てたらなんとなく思いついたものです。
なんとなく思いついた後、そういや、こんな詩があったよなと思い出したのが、先の大戦後すぐに書かれた以下の詩です。

「鴎(かもめ)」 三好達治

ついに自由は彼らのものだ
彼ら空で恋をして
雲を彼らの臥所とする
ついに自由は彼らのものだ

ついに自由は彼らのものだ
太陽を東の壁にかけ
海が夜明けの食堂だ
ついに自由は彼らのものだ

ついに自由は彼らのものだ
太陽を西の窓にかけ
海が日暮れの舞踏室だ
ついに自由は彼らのものだ

ついに自由は彼らのものだ
彼ら自身が彼らの故郷
彼ら自身が彼らの墳墓
ついに自由は彼らのものだ

ついに自由は彼らのものだ
一つの星をすみかとし
一つの言葉でことたりる
ついに自由は彼らのものだ

ついに自由は彼らのものだ
朝やけを朝の歌とし
夕やけを夕べの歌とす
ついに自由は彼らのものだ


さて昨今、ほとんど毎日家にいて絵を描いてるだけの我が身にも、この”自由”ってやつがどんどん奪われつつあるのを強く感じるのですが、そんなんおれだけなのか...

つうか、おっと、肝心な個展の詳細を書くのをわすれとったー。
以下、チラシの裏面文章をそのままのっけます。
夏で暑くて外出うざいかもしれませんが、ご都合良ければぜひふらりとお越しください。

アジサカコウジ作品展 ’06~’17
「鴎」

ここ12年の制作活動を振り返るプチ回顧展です。
’06から’17まで、それぞれの年代から代表作を選び、
全部で30点あまりを展示販売いたします。

「むかしのほうが勢いがあって良かったよなぁ」とか「何年経とうがちっとも代わり映えせんぞ」とか、「技術の向上は感じられるが大事なものを見失ってる」とか「みなそこそこ味わい深い」とかなんとか、それぞれを見比べながら楽しく観覧していただければ幸いです。

今回の展示会場はすべてカフェです。
展示と同時にカフェ(バー)営業を行っております。
それぞれの美味しいごはんや飲みもの等も同時に楽しみながら、ゆったりとご覧ください。

7月1日(土)~6日(木)
(福岡)「coffon(コホン)」
福岡市中央区警固3-1-28 アーバン警固301
TEL 092-725-3711
(営業時間) 12:00~20:00 
(期間中カフェ担当)
「bistroistes(ビストロイストエス)」(春日)
「nana sauvage(ナナソバージュ)」(野間)
(期間中休みなし、アジサカずっと会場におります)

7月8日(土)~31日(月)
(福岡)「回(かい)」
福岡市中央区薬院3-13-20
TEL 092-525-4027
(営業時間)
(月・火・水・土)
12:00~15:00、18:00~24:00(food L.O 22:00)
(金)
18:00~24:00(food L.O 22:00)
(日)
12:00~16:00
(定休日) 木曜日

8月5日(土)~27日(日)
(佐世保)「RE PORT(リポート)」
佐世保市万津町2-12-1F
TEL 0956-76-8815
(営業時間)11:30~16:00、18:00~23:00
(定休日) 月曜夜、火曜日

(アジサカコウジ)
1964年長崎県生まれ。熊本大学文学部社会学科卒業後、渡仏。
パリに住み様々な仕事をしながら独学で絵を描き始める。
4年の滞在後、帰国し福岡にてイラストレーターとしての活動開始。
10年後の2002年、ベルギーへ活動拠点を移すとともに、アクリル画の個展をはじめるようになる。
以後、ブリュッセル、パリ、日本の各地で毎年個展を開催。
2006年に帰国。現在は九州を拠点にイラストと絵画の制作に励む。
http://www.azisaka.com/


azisakakoji

 
厳選リンク集サイトサーチ